なぜ潰瘍性大腸炎になるか?

からだを外敵から守ろうとする自己防衛システムが故障し、自分のからだの一部(大腸)を外敵だと勘違いして攻撃してしまうため、大腸に潰瘍をつくってしまうと考えられています。

こういう病気を自己免疫性疾患と呼んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする