肥満の運動療法

ジョギング運動がいいのは、エネルギー代謝を確実に高めますから、食事療法のように、安静時に代謝率が低下しなくなる点です。

筋肉や骨が減る心配はなく、むしろ反対に強くして、プロポーションはよくなります。

また、筋肉が増えると熱産生の良いからだになり、体脂肪の減少にもつながります。

さらに、体を動かすことで交感神経の緊張状態が適度に保たれて、体脂肪が燃えやすくなり、効率よく減らすことができます。

肥満ではないが内臓に脂肪が蓄積した“かくれ肥満”では、インスリンが働きにくくなります。

しかし、運動によって内臓脂肪を減らすことができます。

運動療法は、早足歩き・ジョギング・自転車・プールの水中歩行・ダンベル体操などの有酸素運動を継続して行うことが必要です。

特別な運動が難しいという方には、できれば一日に60分、1万歩を目標に歩く運動を続けるようにしてください。

目標とする体重はBMIより算出された標準体重が理想といえますが、一方、至適体重(ベストウェイト)という考え方もあります。

つまり、仕事や運動をする時に最も活動しやすい体重という意味です。

これは、少々太っていてもよく運動をしている人は、少ししか運動しない標準体重の人に比べて死亡率が低いという事実に基づいています。

要するに、毎日を快適に暮らせて、仕事・運動を楽にこなせる体重が、その人にとってベストウェイトということになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする