体脂肪率とは

肥満からだ全体に占める脂肪の割合を示すもので、BMIよりさらにすぐれた肥満の診断法です。

体脂肪率は男女差があり、成人男子で15~19%、成人女子は20~25%でこれを越えると肥満と判定されます。

最近は簡単に体脂肪率を測れる体脂肪計ができていますが、これは、からだの構成成分によって電気の通りかたが変わることに着目し、生体インピーダンスを利用した測定機器です。

この体脂肪測定器は、おおよその体脂肪率を知る上では参考になりますが、正確な体脂肪を測っているわけではありません。

もっとも確実な肥満症の診断はCT(コンピューター断層)X線検査で、へその周辺の断面像を撮影し、内臓脂肪面積を測定し体脂肪率を算出することです。

男女とも、内臓脂肪面積100c㎡以上を内臓脂肪型肥満と診断します。

こうして体脂肪率を用いれば、筋肉質なのか脂肪過多なのか把握でき、BMIでは分からない隠れ肥満を見つけることが出来ます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする