BMI(体格指数)とは

BMIの算出方法は、

体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

で求めます。

肥満日本肥満学会基準によれば、BMIが18未満は痩せ気味。

18以上25未満は正常。

25以上は肥満です。

そしてBMIが22のとき最も有疾患率が低いという根拠から、これを理想体重としています。

これにより現在、世界的に用いられている標準体重の計算式は以下のごとくです。

標準体重(kg) = 身長(m)2 × 22

これらは身長と体重から単純に計算された値ですから大体の目安にはなりますが、これだけでは筋肉質なのか脂肪過多なのか、皮下脂肪型肥満なのか内臓型肥満なのか分かりません。

また、BMIは標準体型の人には当てはまりますが、骨太の人、足長な人、骨細の人、筋肉の多い人等には間違った判定が出る欠点があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする