肥満は増えているか

肥満からだの脂肪組織に正常以上に脂肪が蓄積した状態が肥満です。

成人のエネルギー摂取量はさほど増えていませんが、生活が便利になり消費エネルギーが減ったため、ややもすると気付かないうちに肥満になってしまいます。

男性の場合、年々、肥満者の割合が増え、とくに30代から60代の肥満者は30%を超えています。

逆に女性では、20年前に比べるとどの世代でも肥満者が減っており、10年前と比べても40~50代では肥満者の割合は減っています。

やはり男性のほうが自己コントロールできていないようです。

肥満の診断は従来は標準体重(身長[cm] – 100)× 0.9)の10%以上という簡便な方法が用いられていましたが、医学的根拠に基づいていなかったため廃れ、現在ではBMI(体格指数)によるか体脂肪率による診断法がとられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする