血圧を下げる代表的な薬

血圧計

アンジオテンシン変換酵素阻害薬

体内でつくられているアンジオテンシンIIという血圧を上げる物質をつくらせないようにするため、血圧が下がります。

副作用として、のどのイガイガ感や空咳があげられます。

高カリウム血症や腎不全では使えません。

(商品名:タナトリル・レニベース・カプトプリル・セタプリルなど)

アンジオテンシンII受容体拮抗薬

血管を収縮させ、血圧を上昇させる「アンジオテンシンII」を働けなくする薬です。

副作用が少なく、心臓や腎臓に優しい薬ですが、高カリウム血症や腎不全がある場合は使えません。

(商品名:ニューロタン・ブロプレス・デイオバンなど)

カルシウム拮抗薬

血管を収縮させるカルシウムが筋肉への流入するを防ぎ、血管を拡げる結果、血圧が下がります。

副作用はたまに頭痛・顔がほてり・動悸などがありますが、しばらくすると治ります。

また作用が軽いため合併症がある場合も安全に使えます。

(商品名:アダラート・ノルバスク・アムロジンなど)

ベータ(β)遮断薬

身体の状態を無意識のうちに調節している交感神経のベータ(β)作用を遮断します。

それによって、心臓の拍出量の減少などがおこり、血圧が下がります。

元気がなくなることがあります。

喘息には使えません。

副作用に心不全・不整脈・抑鬱・喘息症状などがあります。

(商品名:テノーミン・セロケン・アーチスト・ミケランなど)

アルファ(α)遮断薬

血管を収縮させる交感神経の働きを抑えることで、血圧を下げる薬です。

前立腺肥大症など排尿障害のある人、コレステロール値が高い人の降圧薬としてよく使用されています。

副作用として起立性低血圧が有名です。

(商品名:カルデナリン・ミニプレス・アルマールなど)

降圧利尿薬

尿へのナトリウム(塩分)の排出を促し尿量を増加させ血管を拡張して血圧を下げます。

痛風の人には使えません。

副作用として低カリウム血症があります。

(商品名:ラシックス・フルイトラン・アルダクトンAなど )

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする