高血圧の食事療法

血圧計高血圧の食事で控えるのは塩分や油分などです。

日本人の塩分摂取量は1日平均12gといわれていますが、高血圧では6g以下が目標です。

塩じゃけ・たらこ・カップラーメンなど塩分の多い食品は控えるようにしてください。

味噌汁は1日1杯だけにしましょう。

醤油は減塩醤油を用いて下さい。

薄口醤油は普通の醤油より塩分が多いので気をつけて下さい。

ゆずやすだち・香辛料・しそ・ごまなどを上手に使って塩分の節約をしましょう。

最近、DASHスタデイ(1997)にて脂肪摂取量の制限により血圧が下がるという報告がされ、飽和脂肪酸が少な目の低脂肪食品が注目されています。

アルコールは1日、ビ-ル1本か焼酎・日本酒1合程度としてください。

また、チーズ・塩辛・焼き鳥などアルコールのつまみには塩分の多いものが多いので注意しましょう。

カリウムには有意な降圧作用があることが分かっています。

生野菜・果物は十分摂るようにしてください。

ただし腎不全がある場合は控えなくてはなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする