高血圧の治療の基本

血圧計高血圧の治療の基本は降圧剤ではなく、あくまでも食事療法、運動療法にあります。

減塩、運動、減量に心がければ血圧10-30mmHgは下がるといわれています。

とくに肥満の人は減量できれば必ず血圧は下がってきます。

また、喫煙はタバコ1本で10mmHgの血圧が上がると言われています。

できるだけ禁煙を心がけてください。

夜間や就寝後は活動が減るため日中に比べ1割位下がりますが、明け方になると活動にそなえ血圧が上がってきます。

早朝は血圧が高くなりやすく心筋梗塞や脳梗塞が一番起こりやすい時間帯になっています。

このため、入浴時間はできるだけ夜にし、熱いお湯(42度)を避け20分程度を目安にしてください。

また、冬冷たい水で調理するのは避け、寒いところに出ていくときには、からだが冷えないように暖かい服装で出かけるようにしましょう。

運動は1日30分以上1時間を目標とし、軽く汗ばむ程度の運動を毎日続けるよう心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする