高脂血症の診断基準

2002年、日本動脈硬化学会が提案した高脂血症の診断基準は以下のとおりです。

高コレステロール血症  総コレステロールが220以上

高LDL-コレステロール血症  LDLが140以上

低HDL-コレステロール血症  HDLが40以下

高トリグリセライド血症   中性脂肪が150以上

計算式によるLDLコレステロール値の求め方

LDLコレステロール値=総コレステロール値-HDLコレステロール値-トリグリセライド(中性脂肪)値×1/5

(ただし、トリグリセライド(中性脂肪)が400mg/dl以下の場合に限る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする