高脂血症の種類

高脂血症は原因別に大きく二つに分類することができます。

一つは原発性高脂血症と呼ばれる家族性、遺伝性の高脂血症です。

食習慣が病状に大きく関与するので、ライフスタイルの改善が必要です。

なかなか改善しない場合は薬物療法が必要となります。

もう一つは、続発性高脂血症と呼ばれるものです。

もとに存在する基礎疾患が原因で高脂血症になった場合です。

基礎疾患としては、糖尿病や甲状腺機能低下症などの内分泌疾患、閉塞性黄疸など胆汁の流出障害、慢性腎不全・ネフローゼなどの腎疾患、経口避妊薬・副腎皮質ホルモンなどの服用などがあげられます。

続発性高脂血症では、まず原因疾患の治療が優先されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする