妊娠糖尿病とは

インスリン妊娠するとインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されたり、膵臓に負担がかかるため、糖尿病にかかる場合があります。

家族や親戚に糖尿病患者がいれば特に注意したほうがいいでしょう。

妊娠糖尿病は出産後には治ることが多いようです。

妊娠中の糖尿病の治療については、母体と胎児への副作用が少ないインスリン治療が必要になります。

もし放置した場合には、妊婦は妊娠中毒症になりやすく、流産・早産をしやすく、巨大児になるため出産が困難になる。

また、胎児は奇形・巨大児になりやすく、生後発育不全になりやすくなります。

もし妊娠前に糖尿病が判明した場合は、事前に血糖値をコントロールしておけば母体や胎児への影響はなく、安心して出産することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする