ブドウ糖負荷試験 とは

インスリン血糖値がやや高い(110㎎/dl以上126㎎/dl未満)の場合、境界型か糖尿病かにわかれますがこれをはっきりさせるためにブドウ糖負荷試験という精密検査が必要になります。

しかし空腹時血糖値が150㎎/dl、食後の血糖値が250以上の場合にはかえって糖尿病が悪化する恐れがありますから、ブドウ糖負荷試験は受けないようにしてください。

方法は空腹時に採血をした後、ブドウ糖75gの液を飲んで、60分後、120分後の血糖値・インスリン値を調べます。

ブドウ糖負荷試験の判定基準は空腹時血糖値と 120分後血糖値 でおこないます。

すなわち正常では空腹時 110㎎/dl未満 、120分後140㎎/dl未満を示します。

糖尿病では空腹時126㎎/dl以上か、120分後200㎎/dl以上か少なくともどちらかを示せば診断可能です。

この糖尿病型にも正常型にも属さない場合は境界型 と呼ばれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする