糖尿病が恐ろしいわけ

インスリン糖尿病で一番恐いのは合併症です。

自覚症状がないからと糖尿病を放置していると、高血糖は全身のさなざまな臓器に障害をもたらします。

とくに冒されやすいのは、神経と血管を中心とした臓器で、神経障害、眼球の網膜に出血する網膜症、腎臓の機能が低下する腎症の三つが起こりやすく、これを三大合併症と呼んでいます。

神経障害

全身の神経が障害をうけます。

主な症状は、手や足先のしびれと痛み、足の冷感やほてり、勃起障害(ED)、生理不順、早い閉経、脱力感や立ちくらみなどです。

網膜症

視力の低下、物がゆがんで見える、目の前にひもや点が見える、視野の欠損などがみられますが、高血糖を放置すると失明する恐れがあります。

成人後の失明の主要原因であり、年間約 3,000人が犠牲になっています。

腎症

腎臓の働きが低下すると倦怠感、足のむくみ、貧血、吐き気、頭痛などの症状が現れますが、さらに腎機能が低下すると、人工透析を受けなければならなくなります。

糖尿病は人工透析のもっとも多い原因となっており、年間1万人以上といわれています。

循環障害

脳・心臓の血流が悪くなると脳梗塞や心筋梗塞をおこしやすくなりますし、足の血流が悪くなり壊疽〈えそ〉になると、足を切断しなければならないこともあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする