血糖とインスリンの関係

インスリン血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度です。

ごはんやパンなどの炭水化物を食べると、炭水化物がブドウ糖に分解され、血液中のブドウ糖が増えて血糖値が上がるのです。

ただ、そのままでは血糖値が上がりっぱなしになるため、血糖の上昇を感知して膵臓からインスリンが分泌されます。

インスリンは血液中に増加したブドウ糖を脳、筋肉、肝臓の細胞の中に引っ張り込むのです。

こうして血糖値が下がってくると、ちょうどいいところで、インスリンは出なくなります。

ところで脳、筋肉、肝臓に移行したブドウ糖はグリコーゲンという物質に変えられて貯蔵されます。

そして血糖値が下がり始めるとグリコーゲンからまたブドウ糖に戻され、血液中に放出されて血糖値を上げるのです。

こうして血糖値はうまくバランスを保っているのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする