DAICHOUGAN

大腸ガンにならないために

大腸早期ガンと進行ガンはどこが違うか?

 

大腸の早期ガンは、ガンが粘膜の表面に留まっている場合をいい、進行ガンはガンが深く浸潤していった場合をいいます。

粘膜表面にはリンパ管や血管がないため、早期ガンでは転移しにくいのですが、進行ガンになるとリンパ管や血管にガン細胞が入っていくため、転移をおこすようになります。

タイトルとURLをコピーしました