DAICHOUGAN

大腸ガンにならないために

大腸内視鏡下手術とは?

 

きわめて初期の粘膜ガンに対しては、大腸ポリープ切除術大腸粘膜切除術(EMR)がおこなわれます。

しかし、それよりやや進んだ粘膜下層のガンに対しては、粘膜下層剥離術(ESD)がおこなわれます。

ここまでは、内科医が処置できる範囲です。

これ以上ガンが進行すると、たとえ早期癌であっても、外科医による腹腔鏡下手術がおこなわれることになります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました