ANUS

肛門の病気

痔ろうの予防

痔ろうの予防には、次のような点に注意が必要です。

1.長く下痢をすると便中の細菌が増え、排便時に肛門陰窩へ圧力がかかる結果、液状の便が陰窩に入り痔ろうになるため、避けねばなりません。医師に相談して薬を処方してもらってください。

2.日頃、からだの免疫力をおとさないよう、過労や深酒を避け、適度な運動を心掛けてください。痔ろうは糖尿病や血液の病気など、免疫力が落ちたときに発生しやすいからです。

 

タイトルとURLをコピーしました