I

胃の病気

潰瘍の検査はどのくらいの間隔で受ければよいか?

通常、潰瘍の治療を始めた後1~2ヶ月後に、治ったかどうかを内視鏡検査で確認するようになっていました。

しかし、最近では、薬剤の進歩により、治らない潰瘍はほとんどないという状況になったきたため、

症状が消えれば、1~2か月の薬剤内服で治療を打ち切ってしまうケースもみられるようになっています。

しかし、症状が消失したとしても、1年後には必ず定期検診(できれば胃内視鏡検査)を受けるようにしてください。

タイトルとURLをコピーしました