KANZOU

肝臓の病気

肝炎ウイルスのキャリアとは

出産時や病院での針刺し事故、ボディーピアス、入れ墨、鍼灸などで肝炎ウイルスが体に入ると、20~30%の人は自然に排除されてしまいますが、70~80%の人は体に残ってしまいます。この状態を肝炎ウイルスのキャリアといいます。
ただ、ほとんどの場合、キャリアになっても症状がないため、感染していることに気付きません。しかし放置すると、いつのまにか「慢性肝炎」になってしまうことがあるので、日頃から定期健診を心掛けるようにしてください。

 

検診などで偶然、HBs抗原が陽性と言われた場合は、B型肝炎ウイルスのキャリアとおもわれます。

一方、HCV抗体が陽性と言われた場合は、C型肝炎ウイルスのキャリアである場合と、C型肝炎に罹りすでに治ってしまった場合の二通りがあります。これをはっきりさせるためには、HCV抗体価の測定とHCV RNAの検査を受ける必要があります。

タイトルとURLをコピーしました