U C

潰瘍性大腸炎の最新治療

潰瘍性大腸炎とは?

特別な誘因がなく、大腸の粘膜に無数のびらんや潰瘍が連続性に発生し、何年にもわたって、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。

最初は直腸に潰瘍が発生しますが、徐々に奥の方へ向かって病変が広がり、放置すると大腸全域にびらんや潰瘍をつくってしまいます。

また、慢性的に血便や下痢の続くことが多く、放置すると貧血、蛋白質不足、栄養不良をきたすようになります。

タイトルとURLをコピーしました