SHOKUDOUGAN

食道ガンにならないために

食道ガンにならないために

食道ガンにならないために

なぜ食道がんが発生するか

タバコを吸いながら飲酒をするひとに発生しやすいため、たばこに含まれるベンツピレンとアルコールが相乗作用をおこして癌の発生に結びついているのではといわれています。
食道ガンにならないために

食道がんの症状とは

食道がんは中高年の男性に圧倒的に多く見られます。 できたばかりの食道ガンは粘膜が変色しているだけで、僅かなへこみか盛り上がりをしめすにすぎません。 この時期には胸の沁みる感じをきたすことがありますが、痛みはありません。 ...
食道ガンにならないために

食道ガンの進行がはやいというのは本当?

食道ガンはほかのガンにくらべ、進行が早いといわれます。 胃や大腸の早期ガンではリンパ節へ転移することは少ないのですが、食道にはリンパ組織が豊富なため、たとえ早期ガンでもリンパ節へ転移しやすいのです。 とくに食道は早期...
食道ガンにならないために

食道ガンと同時に発生する癌とは?

食道ガンは胃ガンや喉頭ガン、咽頭ガンと同時に発生しやすく、4人にひとりはこの現象がみられるといわれています。 これらの癌もやはり、喫煙、アルコールが関与しているといわれているのです。
食道ガンにならないために

食道がんの診断

バリウムを飲んで、食道の傷を発見するか、直接内視鏡検査をうけ、食道のキズをみつけます。 早期ガンの場合は病変の形、範囲が分かりにくいことが多いため、食道粘膜に変色やわずかなデコボコがあれば必ずルゴールを撒布して、ガンかどう...
食道ガンにならないために

食道ガンの進行度やリンパ節転移はどうして診断するか? 

食道ガンがどのくらいの深さまで及んでいるか(深達度といいます)は、X線検査と内視鏡検査だけでなく、超音波内視鏡という器械をつかって診断するようになっています。 また大動脈や気管など、周辺臓器への食道ガンのひろがりやリン...
食道ガンにならないために

食道ガンの治療について 

食道ガンの治療は内視鏡による手術、開胸および開腹手術、放射線や抗ガン剤による治療に分かれます。 内視鏡による治療が可能なのは、ガンの浸潤が粘膜層にとどまる場合に限られます。 早期ガンのなかでも最も初期の状態です。 ...
食道ガンにならないために

食道ガンを早期発見するには

食道がんは他のがんにくらべ進行の早いのが特徴で早期発見の難しいがんといわれています。 初期のがんは僅かな盛り上がりかへこみしか示さないためレントゲン検査で発見するのは容易ではありません。 その点、内視鏡検査では、僅か...
食道ガンにならないために

食道ガンにならないためには

毎日アルコールをたしなむひとに食道ガンが多いため、休む日を設けてください。 さらに飲酒時、タバコをすわないように気をつけてください。 これが一番危険だといわれています。 また、トウガラシなど刺激の強い食品を好む...
タイトルとURLをコピーしました