SHOKUDOU

食道の病気

食道の病気

食道の病気

食道の病気とは

食道静脈瘤 肝硬変などで門脈の圧が上昇するため食道の静脈がふくらんで数珠のようになる。しばしば破裂して死亡の原因になる。 アカラジア 食道下部の神経の異常で食道と胃の境界部が広がらず、食道全体が拡張する。食べると胸につかえる。 食道...
食道の病気

たべものが胸につかえるとき

食べ物が胸につかえるという訴えの多くは中年女性に多く見られます。 神経性食道狭窄症というもので、女性ホルモンのアンバランスや自律神経の失調が原因といわれています。 検査をしても病変がないため、診断は容易です。 また直ちに治...
食道の病気

なぜ胸焼けがおこるのか

胸焼けは胸のあつい焼けるような感じをいいます。 胸焼けがあると、胃がわるいとか、胃酸が多いとか考えがちですが、実際には胃の酸度が高いことよりも、食道と胃の境がゆるんで胃液や胆汁が食道へ逆流するために胸焼けがおこります。 おもに甘...
食道の病気

胸焼けの治療

食後しばらくして起こることが多く、時間がたてば自然に治りますが、水や牛乳を飲めば早く消えてしまいます。 このような症状の続くかたは、日頃から以下の点に注意してください。 1.早食いや一度に沢山つめこむような食べかたはやめましょう...
食道の病気

食道静脈瘤はなぜ危険か

食道静脈瘤とは食道の血管が腫れてコブのようになったものをいいます。 たとえば肝硬変になると肝臓に血液が流れにくくなるため、その手前の門脈とよばれる血管に血液が溜まるようになります。 こうしてバイパスである食道静脈へ血液が逆流する...
食道の病気

食道静脈瘤ができたとき

食道静脈瘤のすべてが危険というわけではありません。 赤味を帯びてコブのように腫れ、さらにそのうえに、みみず腫れや血まめのような赤い血管のふくらみが出てくると危険です。 これに対し、食道内視鏡を使って静脈瘤内にエタノールアミンを注...
タイトルとURLをコピーしました