HAIGAN

肺ガンにならないために

肺ガンにならないために

肺ガンにならないために

どのくらい患者さんがいるか?

いま我が国で最も多いガン死は肺ガンです。 現在、ガンによる死者は年間肺ガン60,000人、胃ガン50,000人、大腸ガン37,000人、肝臓ガン35,000人となっており、肺ガンは全ガン死の19%を占めています。 肺ガンが見つか...
肺ガンにならないために

肺がんの原因

肺がんの原因で最も重要なのはタバコです。 肺ガンの80%が喫煙によるものといわれており、紙巻タバコの煙には、ベンゼンなど百以上もの発癌性物質が含まれています。 喫煙の本数が多いほど、また喫煙期間が長いほど肺癌に罹患する可能性...
肺ガンにならないために

肺ガンの分類

3.肺ガンの分類 ガン細胞の形によって小細胞ガンと非小細胞ガン(扁平上皮ガン・腺ガン・大細胞ガン)に分けられます。 このうち多いのは、扁平上皮ガン、腺ガン、小細胞ガンです。 最近では腺ガンが増えてきており、女性の肺ガンの3...
肺ガンにならないために

肺ガンの症状

肺ガンは症状が出にくいのが特徴です。 最も多い症状としては、執拗につづく咳があります。 ガンが気管支や肺を刺激するのが原因です。 ガンが気管支を傷つければ血痰が出るようになります。 またガンが大きくなり気管支を閉塞す...
肺ガンにならないために

肺ガンはどのようにして診断するか?

単純X線検査、CT検査、気管支鏡検査 、喀痰検査を主とします。 最近は、これらに加えて、転移の検査のために、シンチグラフィーやPETが行われようになってきています。 しかし、大事なのは、X線、CT検査と内視鏡検査です。 胸...
肺ガンにならないために

転移性肺がんとは

肺は血管が非常に豊富で、酸素を交換するため全身の血液が通過する臓器です。 このため、ガンが発生するとガン細胞は肺にもっとも運ばれやすいのです。 肺に転移しやすいガンとしては、大腸ガン、胃ガン、膵臓ガン、甲状腺ガン、子宮ガンなどが...
肺ガンにならないために

肺ガンの治療の選択

肺ガンの治療の原則は、ガンの小さい場合は手術か放射線、広がっている場合は化学療法です。 手術 手術ができるのは小細胞ガン以外のガンで、ガンがまわりの臓器に広がっていないもの、気管分岐部にガンが及んでないもの、反対側の肺が健康で転...
肺ガンにならないために

肺ガンを早期発見するためには

40歳になったら、年1回の定期健診をうけ、喀痰検査で痰のなかにガン細胞がないかどうか、また胸のX線検査をうけて肺ガンの有無をチェックしてもらいましょう。 肺の入り口(肺門部という)に発生したガンは胸部単純X線検査では写らないことがあり...
肺ガンにならないために

肺ガンにならないためにはどうすればよいか

禁煙が第1であることはいうまでもありません。 近くで喫煙されている場合は、その場を離れるか、換気を十分にして煙を外へ逃がしてください。 排気ガスの籠ったところや大気の汚れているようなところには近寄らないで下さい。 野菜や果...
肺ガンにならないために

喫煙がからだに及ぼす影響とは

わが国における男性の喫煙率は約55%と先進国ではトップですし、女性の喫煙者も年々増加しています。 喫煙の健康被害の第1は、発ガンの危険にほかなりません。 肺ガンや咽頭ガンが多いのはいうまでもありませんが、食道ガン、胃ガン、膀...
タイトルとURLをコピーしました