NYUUGAN

乳ガンにならないために

乳ガンにならないために

乳ガンにならないために

トリプルネガティブ乳ガン

乳ガンの半数以上(60~70%)は、乳房にある「女性ホルモン受容体」に、卵巣でつくられた女性ホルモンがくっついて乳ガンが発生します。 女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。エストロ...
乳ガンにならないために

HER2(ハーツー)型乳ガン

HER2陽性 HER2とは、ガン細胞の増殖を促進するタンパク質で、これが増える(HER2陽性)と、ガンの発育スピードが加速されます。 乳ガンの15~30%、胃ガンの20~25%がHER2陽性であるといわれ、ガンの進行が速...
乳ガンにならないために

遺伝性乳ガン

家族性乳ガン 親、子、姉妹の中に乳ガンのひとが複数いる場合、乳ガンになりやすい体質を受け継いでいる可能性があります。このとき、家系に乳ガンのひとがいない場合の2倍以上、乳ガンになりやすいことが分かっており、これを家族性乳ガンと呼ん...
乳ガンにならないために

どのくらい患者さんがいるか?

乳がんの罹患は欧米では女性の8人に1人と高率ですが、日本では25人から30人にひとりと先進国の中ではもっとも少ないといわれています。 しかし、近年欧米では国を挙げて乳がん対策に取り組んでおり、減少傾向に転じているのに反し、日本では、死...
乳ガンにならないために

乳ガンの症状とは?

1.70%の人にしこりがみられます。 乳房の上方、外側に多くみられます。 つぎに多いのが「乳頭から血液のようなものが出た」「乳房が痛む」という訴えです。 乳がんのしこりは硬く、境界がはっきりせず、押しても動かないことが特徴...
乳ガンにならないために

なぜ乳ガンが増えているか?

乳ガンが増加している原因は、日本女性のライフスタイルが欧米化してきたことにあるといわれています。 すなわち、仕事に情熱を燃やす結果、結婚しない女性や若いうちは結婚しないという女性が増え、たとえ結婚してもすぐには出産しない女性、出産して...
乳ガンにならないために

どんな人が乳ガンにかかりやすいか

乳がんの危険因子を列挙してみます。 1.初潮が早い 2.月経周期が規則正しい 3.月経周期が短い 4.閉経が遅い 5.出産未経験や高齢出産 6.授乳しない 以上は乳腺がエストロゲンに晒される機会が多...
乳ガンにならないために

発見のきっかけとは?

しこりは、乳がんの症状として最も多く見られるものですから、しこりの有無を定期的に調べていれば、乳がんをほんの初期に見つけることができます。 乳がんで病院に来院される人の約9割が自分でしこりに気づいて来院されます。 きっかけは「何...
乳ガンにならないために

乳ガンはどのようにして診断するか

マンモグラフィー( 乳房X線撮影 ) 乳房専用のレントゲン撮影のことです。 乳房を挟みながら圧迫し、薄く均等に広げて撮影します。 多少痛みを感じますが、こうすることによって、最小のレントゲン量で乳房の中を見ることができ...
乳ガンにならないために

乳ガンの治療の考え方

手術でがんを完全に取りきり、リンパ節転移もない、そういう患者さんでも10~15%の確率で再発を起こします。 このため、乳がんは全身病と受け取られるようになり、手術や放射線の局所治療よりも全身治療が大事だと考えられています。 した...
乳ガンにならないために

乳ガンの手術について

術前化学療法の進歩により、外科手術は極力小さく目立たない術式が摸索された結果、乳房温存手術が主流となってきました。 2000年には乳がん症例の約40%に乳房温存手術が行われ、現在はおそらく半数に達していると考えられています。 外...
乳ガンにならないために

乳房温存療法の登場

1990年代は、乳ガン手術における革命といっていいほどの変化の時代でした。 具体的に言えば、乳ガン治療として君臨してきたハルステッド手術が急速に影を潜め、乳房温存療法がそれにとって代わったことです。 乳房温存療法は乳房温存手術の...
乳ガンにならないために

乳ガンの放射線療法

乳ガンはほとんどが腺ガンです。 一般的には腺ガンは放射線が効きにくいといわれますが、腺ガンの中では、乳ガンは胃、大腸ガン等にくらべ放射線がよく効くといわれています。 乳房温存手術のあと、術後の再発を防ぐ目的で放射線治療が行われま...
乳ガンにならないために

乳ガンの薬物療法の考え方

乳ガンの治療で薬物療法が行われるのは次の3つの場合です。 1.ガンを縮小させて乳房温存療法に持ち込む目的で、手術前に使用する。 2.全身に散らばった可能性のあるガン細胞を死滅させ、手術後の再発を防ぐ目的で使用する。 3.進...
乳ガンにならないために

乳ガンの薬物療法の実際

化学療法 ガン細胞の増殖を抑え、死滅させるのを目的とした抗ガン剤です。 抗ガン剤は細胞分裂が早い細胞にターゲットをあわせていますので、正常細胞のうち、細胞分裂が早い骨髄や毛髪、胃腸の細胞にも作用を及ぼす結果、貧血、脱毛、吐き気を...
乳ガンにならないために

乳ガンを早期発見するためには

乳ガンの急増に伴い、厚生労働省は40歳以上のかたには、2年に1度の触診+マンモグラフィー検診を勧めています。 40歳未満でも、家族に乳ガンのひとがいるとか、胸のしこりが気になるという人は、医療機関でマンモグラフィーの検査とともに、超音...
乳ガンにならないために

乳ガンにならないためにはどうすればよいか

1.可能ならたくさん子供もを産む 2.子供は自分で授乳(なるべく母乳)して育てる 3.動物性脂肪の食品を避ける 4.食べ過ぎて肥満にならないよう注意する 5.たばこを吸わない 6.定期健診をかならず受ける
乳ガンにならないために

乳ガンは遺伝するか?

遺伝による乳ガンを家族性乳がんといいます。 乳ガン全体の5%くらいが家族性だろうといわれています。 若くして発症すること、両方の乳房に発症しやすいなどの特徴があります。 また、BRCA1、BRCA2というふたつの原因遺伝子...
乳ガンにならないために

ピンクリボン運動

ピンクリボンとは、アメリカで1980年代に、乳ガンの正しい知識を広め、乳ガン検診の早期受診を世界の女性たちに伝えようとしてできた、市民運動のシンボルマークです。 胸元にピンク色のリボンをつけることでセルフチェックや定期検診をうなが...
タイトルとURLをコピーしました