KOUKETUATU

高血圧

高血圧

高血圧

高血圧とは

血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力のことを血圧といいます。 心臓が収縮して血液を押し出した瞬間は、血管にいちばん強く圧力がかかる。 これが収縮期血圧(最高血圧)といいます。...
高血圧

高血圧の診断

正常血圧は収縮期血圧が130以下、拡張期血圧が85以下です。 そして収縮期血圧が140以上または拡張期血圧が90以上になった場合を高血圧と呼んでいます。 ここで注意しないといけないのは常に血圧が高い状態が...
高血圧

高血圧の分類

本態性高血圧 高血圧は原因が明らかでない本態性高血圧症(高血圧のほとんどを占める)とホルモン異常などによって生じる二次性高血圧に分類されます。 本態性高血圧の原因は単一ではなく、両親からうけついだ遺伝的素因、長い年月にわたる食習...
高血圧

高血圧の合併症

脳卒中 脳出血と脳梗塞は高血圧ときわめて関連が深いといえます。 とりわけ脳出血は高血圧の合併症として最も重要ですが、最近は降圧剤による血圧コントロールが良好であるため、発生頻度は減少してきています。 一方脳梗塞の頻度はむし...
高血圧

高血圧の治療の基本

高血圧の治療の基本は降圧剤ではなく、あくまでも食事療法、運動療法にあります。 減塩、運動、減量に心がければ血圧10-30mmHgは下がるといわれています。 とくに肥満の人は減量できれば必ず血圧は下がってきます。 ...
高血圧

高血圧の食事療法

高血圧の食事で控えるのは塩分や油分などです。 日本人の塩分摂取量は1日平均12gといわれていますが、高血圧では6g以下が目標です。 塩じゃけ・たらこ・カップラーメンなど塩分の多い食品は控えるようにしてください。 ...
高血圧

高血圧の薬物療法

高血圧の治療薬は長期間継続して服用することを前提としています。 なぜなら降圧薬は、あくまで血圧を下げる薬であって、高血圧そのものを治すものではないからです。 したがって高血圧が続く限りは、薬を飲み続けると...
高血圧

血圧を下げる代表的な薬

アンジオテンシン変換酵素阻害薬 体内でつくられているアンジオテンシンIIという血圧を上げる物質をつくらせないようにするため、血圧が下がります。 副作用として、のどのイガイガ感や空咳があげられます。 高カリウム血症や腎不...
タイトルとURLをコピーしました